.

冷えは万病の元?!

現在、冷え性の悩みを抱えている人はたくさんいると言われています。「冷え性は治しましょう」という言葉を、書籍を始め、医師なども口に出すのではないでしょうか。
「冷えは万病の元」と言われる理由を知っていますか?それは、体温が1℃低下すると、免疫力が約30%ダウンするからなのです。
また、免疫力が下がるだけではありません。ガン細胞が増えていってしまうそうです。

では逆に体温が高くなればどうなるかと言いますと、免疫力が上がり、ガン細胞が減少すると言われています!
ちなみに、ガン細胞は35度で一番増殖し、39.3度以上で死滅することが最近の研究で判明されました。

一昔前の日本人の平均体温は、36.8度だったそうです。ですが、今では、高くて36.2度。中には、35度台が平熱という人もいるようです。
それだけ体温が低い人が増えてきているのです。

低体温の人が増えている理由は、家電の発達や車の普及により生活が便利になったことによる筋力の低下、冷暖房の普及による体温調節能力の低下、シャワーだけの入浴習慣の広がりなどがかんがえられます。そして食生活の変化も大きな要因です。

1℃の体温低下で30%の免疫力が低下するということは、ちょっとした疲れを感じてもすぐに発熱をしてしまうということになるでしょう。

低体温は病気を発症しやすい体になっているということです。風邪やインフルエンザなどもかかりやすくなってしまいます。
そのためにも、できる限り体温を上げるような生活習慣を心がけたいものですね。

体温を上げるコツは、お風呂にゆっくりつかったり、冷たいものを飲まないようにすること。
女性の場合は、足元が冷えやすいので、デスクワークをしている人などは、膝かけをしたりレッグウォーマーを利用したりして冷えさないようにしてください。