.

耳鳴り・難聴の治療を行う京都の治療院

耳鳴りと難聴の違いについて

症状としてまとめて耳鳴り・難聴と呼ばれ方がしますが、それぞれ現象は違います。
ここではまず耳鳴り・難聴の違いについて解説します。

耳鳴り
外界から音が入っていないのに音がしたり、耳の中で音を感じる現象を耳鳴りと言います。

一般的に低音(ザー・ジーなど)のものは、中耳炎など内耳の病気によるものが多く、高音の(ピー・キーンなど)は内耳性や中枢性の病気のものが多いと言われていますが、医学的には未だ確実な根拠は得られていません。

したがって治療法も確立されていません。

難聴
外界からの音声が入ってきているのに、他の人には聞き取れるのに本人には聞こえにくい状態をいいます。

音は空気中に伝わり、外耳道に達して鼓膜をゆり動かし、その振動が3つの耳小骨に伝えられ、さらに前庭窓を通じて内耳に伝達されます。

内耳には聴神経があってその興奮が脳に伝わり、音声としてきこえて会話ができるのです。

実際の生活での耳鳴り・難聴の不便さ


一時的に耳鳴りを感じてすぐにおさまるような場合は、日常生活に支障なく過ごせるでしょう。

しかし、本当に耳鳴りで苦しんでいる方、症状が頻繁に発生したり、四六時中なっている方や、症状が続き精神的にもつらい状態になっている方もおられます。

慢性的な耳鳴りの始まり方として以下のパターンがあります。

・以前から耳鳴りはあったが最近段々きつくなってきた
・中耳炎などの耳の病気のあとに耳鳴りがするようになった
・耳が聞こえづらくなり、その後耳鳴りもでてきた
・ある日気づくと耳鳴りがなっていた
・耳閉感(詰まった感じ)や痛みの後に耳鳴りが鳴り出した

耳鳴りの音

「ジー・ジー」といったセミや虫の声
「キーン」といった金属音
「ピー」といった電子音
「ゴー」といったジェット機の音
「ザァーザァー」といった波の音
「ジャー」「ジョー」という水の流れる音
 
このような表現で耳鳴りの音はかなりたくさんの音があり、同じような種類の音でも高かったり、低かったりで感じ方が変わるようです。また、複数の音が聞こえるという場合もあります。昼間は金属音で夜は波の音が聞こえるという患者さんもおられました。

耳鳴りの原因的分類

耳に鍼灸 生理的耳鳴り
完全に音のない状態で、「シーン」と耳鳴りが聞こえることがありますがすぐにおさまり頻繁に繰り返さない場合、これは正常な反応ですので、病気の心配はありません。

他覚的耳鳴
聴診器を使うと第三者にも耳鳴りが聞こえることができます。耳の周りの筋肉や関節の音、血流の拍動などで聞こえるといわれています。耳の周囲の筋肉の異常けいれんや耳周囲の血管の異常によるものとかんがえられています

自覚的耳鳴
これは、他感耳鳴とちがい自分だけしか耳鳴を認識することができません。自分以外の人は、耳鳴を認識することが出来ません。一般的に、耳鳴りというと、大半は、こちらの自覚的な耳鳴りによるものです

病的な耳鳴
何らかの病気が原因でおこる耳鳴。
『病的な耳鳴り』には、眩暈や難聴などの症状を伴うケースが非常に多いです

聴力のレベル

正常 (0~25デジベル)
聴力は正常、15デジベルぐらいから聞こえにくさがあらわれる

軽度の難聴 (26~39デジベル)
小声だと聞きとりにくなる

中度の難聴 (40~69デジベル)
テレビの音が大きいのに聞こえにくい、普通の会話でしばしば不自由を感じる

重度の難聴 (70デジベル以上)
耳元で大きな声をださないと聞こえない、補聴器がないと聞こえない、会話が聞こえても理解しづらい




番号電話1
スマートフォンの方は上記画像をタップしてください



予約の流れ 施術の流れを

WEB予約
お得な初診料割引サービス 綱ブログ お悩み相談